脱毛はどこまでするのがベスト

結局のところ、脱毛はどこまでするのがベストだと思いますか?
脇とすね毛でOK?
全身脱毛はコストがかかりすぎるし、男性に見せる範囲で美しいと思える範囲はどこまで脱毛したらいいのでしょうか。
実際、女性の皆はどこまで脱毛しているのでしょう。

脇は必須

女性のつるつる素肌は男性にとって大変魅力的なもの。
そんな女性に男性は惹かれます。
まず、最低限脱毛するのであれば、濃いムダ毛は脱毛したほうが良いでしょう。

例えば腋毛などです。
剃るだけでは青い剃り跡が残ってしまうような腋毛など濃いムダ毛は脱毛サロンで美しくしたほうが男性ウケは良いですね。

毛穴に黒いぼつぼつが残っている状態で、やはり美しい脇とは言えませんし、Vラインも真剣にセルフケアしてもやはり翌日になると黒いぼつぼつが目立ちます。

毛抜きで抜いたら毛根からすっぽり抜けるから綺麗になるのでは?
と思っている女性も多いですが、それは埋没毛などのトラブルになる可能性があるのでNGです。
お肌にダメージもかかりますから、やめておきましょう。

 

VIOは個人による

そんな乙女が悩むのが、VIOラインです。
デリケートゾーンはどこまで脱毛すれば男性に魅力的だと思われるのでしょうか。
ありまのままの状態、つまりぼさぼさ状態のVラインの毛は男性には若干残念と思われてしまうのが現実。

 

ではどこまでケアすれば男性は綺麗だなと思ってくれるのでしょうか。
Vラインを脱毛する場合、最近ではアンダーヘアは女性は脱毛する傾向が多いです。

ただ、完全にハイジニーナ状態、VIOをつるつるにするというよりは、男性からみると、ナチュラルな感じで残っていてほしいと思う傾向がみられるので、Vラインはふんわり薄く残っていたほうが嬉しいようです。

ただ、一部男性はつるつるでもいい!
というケースもあれば、つるつるだと若干引く、という場合もあります。

これは一概にはどうとも言えませんから、彼氏になんとなく尋ねてみると良いかもしれませんね。

Vラインは最低限ショーツからはみ出さない程度には処理しておきたいものです。
Vラインはつるつるでも構わないという女性であれば、つるつるにしても良いですが、そうなるとIラインとOラインの毛が目立つので、結局ハイジニーナ状態にする女性が多いです。

ですからIとOラインは残すと考えるのであれば、Vラインはうっすら自然に残っている状態まで脱毛するということもできます。
これは脱毛サロンのカウンセリング時に相談できますから、エステティシャンと相談の上決めていくことができます。

顔もできればツルツルに

また、女性の場合だと、フェイスを脱毛するという女性も多いです。
男性にとって女性のうっすらとしたヒゲはなんとなくやはりガッカリするものです。

そのため、フェイスの産毛を完全に脱毛したいという女性も多いようです。
さら全身脱毛をチョイスするという女性も多いです。

脱毛サロンの中には全身脱毛コースでもどこからどこまで、と決まっているプランになるので、フェイスが含まれているかどうかもチェックしたほうが良いですね。

もしくはパーツ別にチョイスして、気になるムダ毛とフェイスのみを脱毛しても良いでしょう。

どこからどこまで脱毛するかは個人差がありますが、最近ではリーズナブルな価格で全身脱毛を行うことができるようになってきていますから、全身脱毛を選ぶ女性が増えてきています。
さらにVIOラインを脱毛する女性も多いので、やはりセルフケアよりプロの手で脱毛したほうが見目が良いと言えるでしょう。