脱毛の埋没毛について

セルフケアでムダ毛を処理している女性が何度か体験したことがあることがあるものが埋没毛ではないでしょうか。

埋没毛ってなに?

実際、埋没毛ってどういう毛のことをいうの?
という女性もいるかもしれません。
簡単に言うと、皮膚の中にうずもれてしまっている毛のことです。
セルフケアが適切でなかった場合などに起こる可能性が大きい毛のトラブルです。

では埋没毛について少々紹介してみましょう。

 

埋もれ毛などと呼ばれることもあるのが埋没毛ですが、カミソリや毛抜きなどでムダ毛処理した場合に起こるムダ毛トラブルの一種です。

肌のターンオーバーによって自然と出てくる場合もありますが、それ以外の場合色素沈着を起こす、炎症を起こして毛嚢炎になってしまうという可能性もあるので、注意が必要なトラブルです。

 

原因としてはムダ毛の出口、つまり毛穴がかさぶたで覆われ角質化し、正常に毛穴から毛が外へ出てこれなくなり、皮膚の中にそのままうずもれてしまうケースです。

もう1つ原因としてあげられるのは毛の先端がとがってしまい、出口の毛穴以外の皮膚に突き刺さってつっかえてしまうことで出口をなくし、皮膚の中にうずもれてしまうという場合です。

リスクもある

そのまま毛が伸びてしまうと埋没毛という状態になります。

これを毛抜きなどで無理やり毛抜きで毛を引き抜いてしまうと再びその部分が埋没毛になりやすいのです。
かといって、そのまま埋没毛の状態でいるのも毛嚢炎の可能性もありリスクがありますから、ケアはしておきたいものです。

セルフケア

ではどうやって埋没毛をうまく自分で取り出すことが可能なのでしょうか。
それは消毒した針を少し毛穴部分に突き刺し、毛が出たところでそっと毛抜きで引き抜く、という方法があります。

そのほかにはピーリングや軽石、スクラブなどで洗浄し、皮膚を柔らかくして毛が自力で出やすくする方法があります。
軽石とスクラブ洗浄は若干肌に刺激が強いので、この中でいえばピーリングがオススメでしょう。

毛嚢炎など色素沈着になりそうな場合はすぐに皮膚科で処置してもらったほうが良いですね。

予防が大切

では埋没毛にならないにはどうしたらよいのでしょうか。
女性にはムダ毛処理は必須だと考えられます。
ムダ毛処理しない女性はほぼゼロではないでしょうか?

そんな場合、電気シェーバーがオススメです。
毛抜きと比べると格段に皮膚への刺激が軽く、処理も楽ちんです。

ただ、最もよいのは脱毛サロンに通って施術を受ける方法でしょう。
プロのエステティシャンにかかれば埋没毛なんてものにはなるはずはありません。

カミソリや毛抜きの処理より最も確実で美しくなれる方法としては脱毛サロンがオススメです。
ただ、脱毛サロンに通う時間がない、今すぐケアする必要があるという場合はシェービングクリームをたっぷり塗って、カミソリで優しくセルフケアしましょう。

埋没毛にいったんなるとなりやすくなりますから、注意が必要です。
脱毛サロンに通う、頻繁にセルフケアをしないことやセルフケアでも毛抜きを使うことはNG、電気シェーバーを使うなど、いざという時のみ使用しましょう。