脱毛サロンでは恥ずかしがらないで

脱毛が恥ずかしいか恥ずかしくないかと聞かれて、それはパーツのことを指しているのだと考えられます。
脇脱毛なら多少ぼさぼさの状態なら恥ずかしいですが、膝下や肘下などはそれほど恥ずかしくないでしょう。

VIO脱毛

VIO脱毛ならどうでしょうか。
けっこう恥ずかしいのでは!?
と思う女性も多いようです。
実際体勢をイメージするだけでも恥ずかしいですし、デリケートゾーンを見られること事態恥ずかしいと感じる女性も多いです。

ではVIO脱毛に関して恥ずかしいかもと感じている女性はどんな恥ずかしさをイメージしているのでしょうか?

 

それはVIO脱毛の体勢やパンツは履くのか履かないのか、どんな格好で行うのか、やはりデリケートゾーンを見られるのは抵抗がある・・・。

などなど意見が聞かれます。

慣れてきます

しかし当然ながらと言いますか、かなりの確率でVIO脱毛を恥ずかしくない!
と言い切る女性は少ないでしょう。
実際最初は誰だって恥ずかしいものです。

陰部を他の人にさらけ出すということはパートナー以外ありえないこと、もしくは銭湯へ行った時くらいで他の人のものをじろじろ見るものではありません。

ですから恥ずかしいに決まっています。

ただ、その恥ずかしさは脱毛が進むたびに自然と薄れてくると言います。
言い換えると慣れてくるとも言えます。

スタッフさんは気にしていない

VIO脱毛の場合、多くのサロンでは紙パンツを履いて脱毛を行うようです。
そして紙パンツをずらしながら施術していくところが多いようですね。

ただ、VIOを受けている最中、本人は恥ずかしいと思っていても、スタッフはけしてそれが恥ずかしい行為と思っていないことを覚えておいたほうが楽でしょう。

スタッフは何人もの女性のVIOラインを施術してきていますから、慣れていますし、恥ずかしいと気負わなくても良いのです。

 

肝心な体勢については、Vラインは仰向けに寝たままの状態、Iラインは仰向けに寝て片足をあげて横に倒した状態で、片方も同じように行います。
Oラインはうつ伏せで行うようになっており、四つん這いになることもあります。

これはサロンによって異なりますからカウンセリング時に聞いておくとよいでしょう。

ハイジニーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛という言葉が使われ始めて数年たちますが、多くのサロン通いをしている女性がハイジニーナ脱毛をしていると言います。

それはメリットが多いからです。
生理時の蒸れやニオイを軽減できる、清潔を保てるなど生理時にはぴったりなんですね。

つるつるにするのは・・・と思ってVラインだけ脱毛する女性も多いのですが、すると今度はIラインとOラインのバランスが悪くなり、結局IラインとOラインも追加するという女性も多いです。

ですから最初からVラインを希望している女性も、後々IラインやOラインを追加している場合が多いです。
最初からハイジニーナ脱毛を選んでいる女性のほうが賢いと言えますね。

 

どうでしたか?
恥ずかしさはちょっとは和らいだでしょうか。
プロは多くの陰部を見ているのであなただけのデリケートゾーンに執着しているわけでもなんでもありませんから、綺麗なデリケートゾーンを保ちたいなら、是非ハイジニーナにもチャレンジしても良いでしょう。