カミソリやシェーバーで自己処理する脱毛法

ムダ毛処理の方法の中で最もセルフケアで最も簡単なのがカミソリや電気シェーバーでしょう。
コストをあまりかけずに始めることができますし、いつでもケアをすることができます。

しかしカミソリやシェーバー、毛抜きなどのセルフケア、本当に正しい脱毛法なのでしょうか。
セルフケアでこのケア方法を行っている女性は、まずその安全性をしっかり確認してから行ったほうが良いですね。

カミソリを使う

カミソリを使って長らくムダ毛処理をしているという女性は多いでしょう。
特に思春期に入ると毛がうっすらと濃くなってきて生えてきますから、それを最もリーズナブルなカミソリでケアする女性が多いです。

しかしこのカミソリのケア、肌に悪いと知っていましたか?
何故カミソリのセルフケアは肌に悪いのでしょうか。

まず、カミソリでの処理は一瞬は綺麗になります。
しかし毛が生えてくるのが早く、翌日には黒い点々がところどころに生えてきます。
2日も経つと1㎜程度は生えているのでは?
と思うほど毛の再生率は早いです。

ですからカミソリを使ってセルフケアするのは理にかなっていないとも言えます。

 

さらに問題なのはカミソリを使うと肌の表面にある角質層まで削れてしまうという点です。
表皮を削っているのでカミソリ負けしたり、後々ヒリヒリしたり赤くなったりすることがあります。

肌のデリケートな女性はカミソリを使ってのケアは難しいでしょう。

電気シェーバーを使う

では電気シェーバーではどうなのでしょうか?
肌に押し付けなければ、カミソリほど負担はかからないと言います。
しかし再び毛が生えてくるのはカミソリと同じです。

そしてまた剃る、というものの繰り返しになるのでやはりお肌に負担をかけることになります。
電気シェーバーを使った後はしっかり保湿することはマストですが、やはりあまりオススメできないセルフケアですね。

 

そして最も肌に負担がかかると言われているのが毛抜きでのセルフケアです。
毛抜きは毛根から毛を無理やり抜き取るので、肌に大きなダメージが加わります。

しかしその分、生えてくるのは他のカミソリや電気シェーバーよりも遅いですから、良いセルフケアだと思ってしまいます。

ですが毛穴が開いてしまうので、そこに雑菌が入り込んで膿んでしまったり、毛嚢炎や埋没毛になる可能性が非常に高いのが毛抜きでのケアです。

埋没毛はなりたくない肌トラブルの一種で、毛が生えてくるより先に肌の再生がされ、肌の中で毛が渦巻いている状態をいいます。
これをほじくり返して毛を再び抜くと、また同じことが起こりますし、肌にきずをつけることになるのでNGです。

家庭用脱毛器もおすすめ

では一体どんなセルフケアが最もよいのでしょうか?
脱毛サロンに通うお金もそれほどないし、時間もないという女性はセルフケアをするしかないと思うでしょう。
最も良いのは家庭用脱毛器を使うこと。
脱毛サロン並みに美しく脱毛できると最近の脱毛器では評判のものがたくさんあります。

もっとリーズナブルなものでと思うなら電気シェーバーでしょう。
肌に押し付けず、優しく毛流れに沿って剃ることでまだ肌にダメージは少なくて済みます。

 

セルフケアは思春期から始まっているもの。
できれば綺麗な肌のためにもサロンにカウンセリングに行ってみるのも良いでしょう。